転職前から転職成功後に注意したいこと

【自分がなぜ、転職するのか理由をよく考える】

転職するときは、なぜ、自分が転職するのかよく理由を考える必要があります。転職する理由をはっきりしなければ、転職先の選定ミスを誘発しやすくなるからです。

 

また、自分自身も同じ失敗をくりかえしてしまう可能性が高くなるので、今一度、よく振り返って、本当に転職しなければいけないことなのかを、よく考えてみましょう。

 

【転職成功後の労働態度について】

日々の業務態度ですが、最近は当たり前のことができない人が増えてきています。転職後は、社会経験があっても、新人であることには変わりないので、メモくらいは持ってあるく意欲、態度を見せることは最低限必要です。

 

「ハイ」という返事をしない人も多いです。年配者の転職者に多いですが、仕事を教えてもらう人が自分より年下だからといって、返事すらもしない、教えてもらう人に対して、あごで指図するという人もいます。年齢は、転職先の中で上であっても、新人ということを忘れずに、最低限の配慮をして日々の業務に勤めましょう。

 

【意思疎通に大きな差異があるタイプについて】

年齢を問わず、生真面目なタイプに多い傾向です。言われたことを素直にこなさずに、余計な細かいことをやっては時間を無駄に消費し、肝心の業務が滞るということがあります。

 

丁寧に素早くやることと、余計な関係ないことを丁寧にやることは全く違います。仕事は、言われたことを言われた通りに素直にやればいいので、自分勝手に、余計なことをしては、余計なことに時間を費やされるということは、避けたいところです。

 

生真面目なタイプに多いので、他人に純粋だとか、生真面目だと言われる方は、このことをよく胸に留めておくと、転職後はスムーズな労働生活を送れることになるはずです。

 

 

参考にどうぞ
ニートに強い就職ガイド|正社員になるための秘訣レポート
ニートにおすすめの就職活動方法